機能と特長

機能と特長


マニュアル

はじめに

このプラグインはAuto Blog Rewrite(オートプログリライト)と呼びます。
Auto Blog Rewriteは阿修羅ワークス代表長岡が開発したオリジナルのワードプレス向けプラグインです。

手動キーワード検索

手動キーワード検索は、Auto Blog Rewriteをショートコードを使わず(記事を介さず)に使用することができます。
[ 手動キーワード検索 ] はテストを兼ねた練習にも使うことができます。

基本的な使い方

最初は単純なところから学習しましょう。

Auto Blog Rewrite →  [ 手動キーワード検索 ] をクリックして開きます。

手動キーワード検索は自動ではなく、手動でキーワード検索をテストできます。

「検索用キーワード」のテキストエリアにキーワードを入力して [ 検索する ] ボタンを押すだけです。

試しに「アフィリエイト」で検索してみましょう。

初期設定では投稿に投稿されるので、投稿一覧を確認します。


………投稿されていないですね。

これはなぜかというと時間差があるためです。Auto Blog Rewriteは数百件のサイトから情報を収集するためリアルタイムですぐには投稿されません。
負荷分散のため多段式に複雑に処理されて投稿されるため数分のタイムラグがあります。

ここで気が短い方のために現在の処理状況がどうなっているのかを見る方法を教えます。

ワードプレスにはスケジュール処理にWP-cronという機能があり、本プラグインもこの機能を利用しています。
WP-cronの処理状況を見るためのプラグインがあるのでインストールします。

プラグインの [ 新規追加 ] から [ Advanced Cron Manager ] と入力して検索します。検索にヒットしたらインストールして有効化します。
有効化するとサイドバーの [ ツール ] → [ Cron Manager ] が追加されるのでクリックします。

すると現在の処理待ちのスケジュール一覧が表示されます。
その中で、「mhs-auto-blog-rewrite」で始まるスケジュール名が本プラグインのスケジュールとなります。
F5キーで画面をリロードするとスケジュールが実行されていくのが確認できると思います。
※スケジュールの処理はワードプレスの負荷に合わせて実行されますので、リロードを連発したからといって速く処理されるわけではありません。

リロードが面倒な方はChoromeのエクステンションに自動リロードアプリがあるので使うと便利です。

▼Auto Refresh

実際にはスケジュールは自動で処理されるので、放置しておけばやがては処理が完了するため気にする必要はありません。

では、そろそろ投稿されている頃ですので投稿一覧を開いて確認してみましょう。
無事に投稿されていれば成功です。
成功というからには失敗もあります。失敗するパターンですが、そのキーワードで検索してネットに情報がなかった場合と、記事として投稿する最低文字数が足りなかった場合です。

後ほど説明しますが、設定画面の「投稿する本文の最低文字数」を調整することで、800文字以上であれば投稿や、2000文字以上であれば投稿する、といった条件を指定できます。

ノイズを減らす方法

投稿された記事を読んでみると、意味が通じる箇所や通じない箇所が出てくるかと思います。
これはサイトから収集しているので、元ネタの品質に依存します。元ネタサイトの記事の日本語がおかしければおかしい文章となります。
また、キーワードによっては、例えば野球の対戦スコアのようなものは文字ではなく数字の羅列が多いことが多々あるため、文章としてはノイズが多くなる場合があります。

ノイズがあったとしても不思議と検索エンジンのペナルティには引っかからないようです。おそらくですが、検索エンジンに掲載されている=ペナルティではないコンテンツから引っ張ってきているためだと思われます。
ただし、人間が読んだ場合には違和感を抱く場合があるため、本プラグインでは以下に自動化でコストを削減しつつノイズを減らしていくかというツールの調教が鍵となります。

最初に改善すべき点は検索キーワードです。
検索キーワードはGoogleとYahooで共通の検索テクニックが使用できます。
基本的にはスペースを空けて絞り込み検索の他、マイナス記号をつけて除外検索をする、といった演算子指定でのフィルタリングです。

▼Googleで検索ワードと一緒に使うと効率が劇的にアップする「検索演算子」とは?

例えば、さきほど単に「アフィリエイト」で検索しましたが、「アフィリエイト」というキーワードは漠然過ぎます。
「アフィリエイト」の何を調べたいのかを指定した方が集まってくる文章もより精度が高くなるのは想像に難くありません。

例えば「アフィリエイト コツ」や「アフィリエイト 成功 方法」や「アフィリエイト 楽天 -アドセンス」といったキーワードの方がより具体的です。
ただし、キーワードを多くし過ぎても検索結果は先細りしてしまうので程々にしておきます。

ノイズを減らす方法2

検索キーワードの他にコンテンツ単位でノイズを減らす方法も併用します。
[ 設定画面 ] → [ 検索設定 ] を開きます。

「NGワードリスト」と「NGサイトURLリスト」を編集します。
取得した文章に繰り返し現れる不必要な文字パターンがあれば「NGワードリスト」に文字列を登録して除外します。
また、Wikipediaのようなあまりにも有名でベタなサイトから取得したくない場合は、「wikipedia」とドメインの一部を登録します。
例えば「wiki」とするとWikipediaの他にゲーム攻略Wiki関連のサイトも除外されることになります。

ノイズを減らす方法3

著者の異なる複数の文章を集めるため語尾が揃わない場合があります。
その場合は辞書置き換えで対応します。

[ 設定画面 ] → [ 上級投稿設定 ] を開きます。

「本文置き換え辞書」に置き換えするリストを登録します。
例えば、語尾の「です。」を「ます。」に一括置き換えしたい場合は「です。::ます。」と入力します。
「::」で文字を区切ることに注意して下さい。左側が置き換え対象で、右側が置き換え文字列です。
置き換えではなくその文字列を削除したい場合は右側を入力しません。
例えば「!::」とすると文中の「!」が全て削除されます。
「!::?」とすると文中の「!」は全て「?」に置き換えられます。

オプションを使う

オートブログリライトにはたくさんのオプションがあります。オプションを使うことでより細やかな動作を指定することができます。
オプションを指定する場合は「::」で区切って指定していきます。
指定する順番は決まっています。順に見ていきましょう。

1.検索キーワード
2.タイトル
3.投稿ID
4.投稿フラグ
5.要素の取得開始位置をランダムにするか
6.ピックアップするセンテンス数
7.表示するセンテンス数
8.センテンスの最低文字数
9.投稿する最低文字数
10.新規に投稿するか
11.取得する最大検索結果数

必ず指定する必要があるのは「検索キーワード」です。これは必須です。
今まで検索キーワードのみを指定して検索してきましたが、これは以下の表現と同等となります。

検索キーワード::::::::::::::::::::

「::」が続いていますが、単に区切り記号が繋がっているだけです。
指定しないオプションは省略できます。

つまり

検索キーワード

と記述することができます。オプションを省略した場合は [ 設定 ] で指定されている値となります。
ここまではよろしいでしょうか?

次に、オプションの「タイトル」を指定してみます。
初期設定ではタイトルを文中から見つけて自動的にランダムでつけていますが、自分で任意に指定したい場合もあるかと思います。
その時は「タイトル」を指定します。

検索キーワード::タイトル

と指定します。

この場合、「検索キーワード」で検索して収集したコンテンツを投稿する際に、投稿タイトルを「タイトル」とする、という指定となります。
例としては少しおかしいですが、ご理解いただけると思います。
タイトルを指定せず0または空白にすると検索キーワードの最初のワードをタイトルにします。
タイトルを指定せず1にすると本文からランダムに選択した文章をタイトルにします。

次に「投稿ID」のオプションを指定してみます。
「投稿ID」は手動キーワード検索では通常指定することはありませんが、指定すると既に投稿済みのその投稿IDを持った投稿を更新します。
例えば、投稿IDが「1234」であれば以下のようにします。

検索キーワード::タイトル::1234

ここで応用ですが、投稿IDを指定してタイトルを指定しない場合はどのように記述すればいいのでしょうか?
以下のようにします。

検索キーワード::::1234

これでもう法則は分かりましたね。
オプションは指定する順番があるので、以下のようにしてしまうとダメです。

検索キーワード::1234

このようにすると、投稿タイトルが「1234」となってしまいます。

次に「投稿フラグ」のオプションを指定してみます。このオプションはあまり使うことはないかと思います。

「投稿フラグ」オプションでは0または1の数字で指定します。
投稿を更新しない場合は0または空白。投稿を更新をする場合は1を指定します。
初期設定では「投稿を更新しない」となっています。

「投稿フラグ」オプションで「投稿を更新する」にすると、投稿タイトルと投稿本文が取得したコンテンツに置き換わります。
せっかく書いていた内容がある場合は上書き保存となってしまうので注意です。
「投稿を更新しない」場合は取得したコンテンツはカスタムフィールドに保存されます。具体的にはショートコードとして呼び出す際に利用されるキャッシュとなります。本文の内容は維持されます。

投稿フラグオプションを指定した場合は以下のようになります。

検索キーワード::タイトル::1234::0
オプションを使う2

次のオプションからは取得するコンテンツの品質に影響するオプションです。
影響するオプションは5つあります。

5.要素の取得開始位置をランダムにするか
6.ピックアップするセンテンス数
7.表示するセンテンス数
8.センテンスの最低文字数
9.投稿する最低文字数

「要素の取得開始位置をランダムにするか」はランダムにする場合は1を。しない場合は0または空白を指定します。
初期設定ではランダムにするとなっています。
ランダムにした場合は、収集したコンテンツからランダムにセンテンス(文章)をピックアップします。
しない場合は、検索結果の上位から順にセンテンス(文章)をピックアップします。

以下のようになります。

検索キーワード::タイトル::1234::0::1

次に「ピックアップするセンテンス数」は収集したコンテンツから段落をいくつ取得するかを指定します。
初期設定では最大15個の段落をピックアップします。段落として認識するのは

タグで囲まれた文章です。または句点の「。」までを一区切りとします。

単純に「ピックアップするセンテンス数」を増やすと長文となり、減らすと短文となります。

以下のようになります。

検索キーワード::タイトル::1234::0::1::15

次に「表示するセンテンス数」ですが、収集した段落からいくつ表示するかを指定します。
例えば「ピックアップするセンテンス数」で15のセンテンスを取得して、実際に表示するセンテンスは3にしたい場合などに使います。
長くすると長文からのみピックアップするようになります。
以下のようになります。

検索キーワード::タイトル::1234::0::1::15::3

次に「センテンスの最低文字数」ですが、収集したコンテンツからセンテンスをピックアップする際に、最低何文字以上の文章であるかを指定します。
初期設定では40文字以上ある文章からピックアップします。短すぎると文章とは言い難い散文的な文字列も拾ってしまいます。
長くすると長文からのみピックアップするようになります。
以下のようになります。

検索キーワード::タイトル::1234::0::1::15::3::40

次に「投稿する最低文字数」ですが、最終的に投稿する文章の最低文字列数を指定します。テンプレートのHTMLタグは文字数としてカウントしません。
初期設定では最低100文字以上ないと投稿しません。
例えば800文字と指定すると、800文字に満たない文章である場合は投稿しません。
4000と指定すると、4000文字を超えないと投稿しないということになります。
最終的に何文字になるかは、検索キーワード×ピックアップするセンテンス数×検索エンジンの検索結果 などに依存します。

以下のようになります。

検索キーワード::タイトル::1234::0::1::15::3::40::100
オプションを使う3

最後に残りのオプションを紹介します。

「新規に投稿するか」は1にした場合は投稿IDが指定されていたとしても、新規に投稿をします。0または空白の場合は新規投稿をしません。
初期設定では新規投稿をしません。
以下のようになります。

検索キーワード::タイトル::1234::0::1::15::3::40::100::0

次に「取得する最大検索結果数」は検索エンジンで検索する数を指定します。
例えば、30件とすると、そのキーワードで検索した結果の上位30サイトからコンテンツを収集します。
初期設定では30件となっています。最大100件まで指定できます。
以下のようになります。

検索キーワード::タイトル::1234::0::1::15::3::40::100::0::100

最大検索結果数を増やせば増やすほど、収集するコンテンツの精度は高くなりますが、処理には時間が掛かりますのでご注意下さい。
以上でオプションの紹介を終わります。

まとめてキーワードを指定する

オプションの使い方を学んだところで、手動キーワード検索で一度にまとめてキーワード検索する方法を紹介します。
検索用キーワードは「テキストエリア」になっており、改行することができます。
ここに改行区切りでキーワードを指定すると、まとめて処理することができます。
例えば以下のようにすると3件をまとめて処理します。

検索キーワード1
検索キーワード2::タイトル2
検索キーワード3::タイトル3::::::::30::3::40::1000
より完成度の高い文章を目指す

一通りオプションの使い方を覚えられたと思います。
オプションの使い方はあとで説明するショートコード呼び出しでも共通しています。マスターして下さい。

最後により完成度の高い文章を目指す方法を伝授します。
オートブログリライトで何回か繰り返しコンテンツを取得していると、大変うまくいく場合と、まったくもってうまくいかない場合とがあることに気がつくかもしれません。
その理由は複数の作者の書いた文章を1つにまとめているからです。この辺は人工知能ではないため小説家の書いたような美文にすることは難しいと言えます。
一番問題なのは長文です。センテンス(文章)として抜き出した場合、文章の前後関係を考えなければほぼ意味は通じます。
しかし、前後に文章があると繋がらないというのが最大のネックなのです。検索エンジンを出し抜くことはできても、人間には通じない文章になったりします。
しかし、工夫することによって完成度の高い文章を目指すことができます。
その方法について伝授します。

より完成度の高い文章を目指す2

あるテーマに沿った長文を意味を損なわず書き上げるというのは、最新の人工知能研究でもまだまだ実現できていません。
しかし、短文で区切って短くまとめると違和感がないのです。
これは名言や格言サイトに似ています。または歌詞サイトに似ているかもしれません。

例えば、小見出しと数行の文章の繰り返しのあるページは前後の文脈が繋がらず独立していても違和感はありません。
それはなぜかというと、文章が完結しているからです。

例えば天気予報のような抽象的な文章でも文章ブロックを小さくして小見出しをつけると、まとまりが出てきます。

「暖冬傾向を覆す歴史的寒波が襲来」

あす7日は西日本や東日本を中心に春を思わせる陽気になりますが、8日金曜日以降は、北から大寒波が襲来。特に北海道は過去の観測記録に並ぶくらいの極寒が予想されます。8日金曜日と土曜日からの3連休は寒気の動向に注視する必要があります。


「寒さの見通し 北日本(北海道・東北)」

北海道では早くもあす7日には寒波の影響が出ます。あす札幌の最高気温は氷点下4度。真冬の気温になります。8日金曜日は寒波の勢力が強まり、氷点下11度の予想です。これは朝の最低気温ではありません。昼間でも氷点下10度以下の気温で、まるで冷凍庫のような凍てつく気温です。札幌の「最も低い」最高気温が1937年12月27日に観測した氷点下11度7分なので、8日の寒さはまさに記録的と言えます。その後もしばらくは0度に届くことはなく、まさに極寒が続きます。東北地方も暖かいのは一時的。金曜日から真冬の寒さに逆戻りで、最大級の寒さ対策が必要になります。


「寒さの見通し 東日本(関東・東海・北陸)」

東京、金沢、名古屋ともにあす7日は、3月中旬から4月上旬並みの暖かさになります。そこから気温は一気に急降下。金沢は金曜日から真冬の寒さ。東京と名古屋も金曜日からひと桁の気温。特に連休初日の9日東京は4度と最高気温としてはひと冬に数回あるかどうかの凍える寒さになる見通しです。今後の連休はダウンやマフラーなどフル装備でお過ごし下さい。


「寒さの見通し 西日本(近畿・中四国・九州)」

西日本の各地、あす7日は、3月中旬並み。場所によっては4月並みの暖かさの所があります。寒波の影響は、北日本や東日本ほど顕著には表れませんが、3連休中は10度前後。冷たい北風も強まり、最高気温の数字よりも寒く感じられ、体感としては風冷えの3連休と言えそうです。

早い話がそれっぽい見出しが連続していれば内容はそれっぽく見えてしまうのです。
これをオートブログリライトで実現するには「||」演算子を使用します。

より完成度の高い文章を目指す3

オートブログリライトでは

検索キーワード::タイトル::1234::0::1::15::3::40::100::0::100

のような形でオプション指定すると学習しましたが、「||」演算子で区切ることで、複数のキーワードを1つのページにまとめることができます。
例えば以下のようなキーワード検索があるとします。

検索キーワード1
検索キーワード2::タイトル2
検索キーワード3::タイトル3::::::::30::3::40::1000

これは3件の投稿になってしまいますが、以下のようにすると1件の投稿としてまとまります。

検索キーワード1||検索キーワード2::タイトル2||検索キーワード3::タイトル3::::::::30::40::1000

違いは「||」で区切って1行に繋げるだけです。
例としてアフィリエイトをテーマにしてまとめてみます。
以下のようにします。

アフィリエイトとは::アフィリエイトとは::::::::::3::100||アフィリエイト はじめ方::アフィリエイトのはじめ方::::::::::3::100||アフィリエイト おすすめASP::アフィリエイトでおすすめのASP::::::::::3::100||アフィリエイト 集客方法::アフィリエイトでの集客方法::::::::::3::100

設定で大事なのは「ピックアップするセンテンス数」と「投稿する最低文字数」を指定することです。
短文にしたいので「ピックアップするセンテンス数」で「3」にして、「投稿する最低文字数」を100文字以上に調整します。
一行にすると長いですが、適度に改行して編集した後に一行にするとやりやすくなります。

この設定で取得したコンテンツが以下になります。
見やすくするために体裁は整えています。

【アフィリエイトとは】

アフィリエイトとは自分のブログやサイトなどに企業などの広告・宣伝を掲載し、商品の販売を手伝うビジネスです。アフィリエイト広告では、広告を掲載したい企業などの媒体を束ねているASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)というサービスを使用して広告を掲載する仕組みになっています。つまり、ブログやサイトの運営者は広告の掲載料として、閲覧者数やクリックされた広告の数だけ報酬を得ることができるのです。


【アフィリエイトのはじめ方】

最近「Youtubeアフィリエイト」という新しいアフィリエイトが話題になってきましたね。

最近カメラも安いですし、編集機材もかなり安く入手出来ます。そんな時代背景もあって、どんなものか調べてみました。Youtubeを使ったアフィリエイトに興味のある人は是非ご覧下さい。

全国のアフィリエイターのうち約2,000人を対象とした調査によると、アフィリエイターの10人に1人が月収100万円以上を稼ぎ、アフィリエイトを3年以上続けている人に至っては5人に1人が月収100万円以上を稼いでいる というデータが発表されました。


【アフィリエイトでおすすめのASP】

アフィリエイトを始める上で必須なのが「ASP」への登録です。これが稼ぐための第一歩ですね!

アフィリエイトでおすすめのASPは初心者ならアマゾンと楽天です。

結論、両方使いましょう。
アフィリエイトで稼ぐなら記事に合わせて適切な商材のリンクを貼るべきです。


【アフィリエイトでの集客方法】

今現在少しでもアフィリエイトで報酬を得ているのであればそのサイトに集客すればするほど理論的には売り上げや報酬が増えて行きますよね?やっぱりアクセス数って非常に大切で、強引にでも人が集まればそのうち何人かは興味を示すというもの。

物販アフィリエイトの場合は「リスティング禁止」「関連キーワード禁止」となっていることが多いので、この類ではないのですが、フェイスブック,グーグル,LINE,ヤフー,ツイッターなど多くのSNSは有料広告で運営がなされており、料金を支払うことで自分のブログやHPを上位に表示してくれます。

テンプレートは、アフィリエイトに特化したものを購入することをおすすめします。稼げるテンプレートと稼げないテンプレートが存在するので、稼げるテンプレートを用意したほうがいいですね。

どうでしょうか? 文章はツールで取得するタイミングなどによっても変化しますが、人間が読んでもあまりおかしくない形になったのではないでしょうか。

より完成度の高い文章を目指す4

「||」演算子を紹介しましたが、最後にもう1つ紹介します。
前回のまま投稿すると投稿タイトルがランダムになってしまうので、任意に指定する方法です。
キーワードの先頭に以下のように追加するだけです。

[[タイトル]]

角括弧2つでタイトルを囲んであげます。これを前回のキーワードの先頭に追加すると以下のようになります。

[[アフィリエイトについて]]アフィリエイトとは::アフィリエイトとは::::::::::3::100||アフィリエイト はじめ方::アフィリエイトのはじめ方::::::::::3::100||アフィリエイト おすすめASP::アフィリエイトでおすすめのASP::::::::::3::100||アフィリエイト 集客方法::アフィリエイトでの集客方法::::::::::3::100

この条件で実行すると、投稿タイトルは「アフィリエイトについて」となります。 いろいろと試してみて下さい。

オートブログモード

オートブログモードは手動キーワード検索とは真逆の自動巡回機能です。

はじめに

オートブログモード=自動巡回について説明します。
手動キーワード検索では人間がキーワードを設定してボタンを押すことで処理がスタートしていましたが、オートブログモードは予め設定しておくとタイマーに沿って処理がスケジューリングされます。
設定によって半永久的にページを作り続けることができる便利でかつとても危険なモードです。
きちんとバックアップと設定をしてから機能を活用して下さい。

検索設定

オートブログモードは最初に [ 検索設定 ] をします。
この検索設定で行う設定は手動キーワード検索またはショートコード呼び出しで指定したオプションの初期設定となります。

必須の項目は「検索キーワード」です。必ず1件以上指定します。
検索キーワードは改行で複数指定できます。
一度検索したキーワードはその投稿された記事が削除されるまで再度検索されません。
もしそのキーワードで検索して投稿に失敗した場合は、「キーワードを再検索するまでの時間」待機した後、再度検索を試みます。

オートブログモードを半永久的に稼働させる場合は、「関連キーワードを検索キーワードに追加するか」を「する」にします。
「する」にした場合、「検索キーワード」で指定したキーワードに関連するキーワードを取得して、自動で「検索キーワード」に追加していきます。
最低限この設定だけ行えばOkです。

他にも設定がありますが、手動キーワード検索でテストしたオプションを指定しておくとより便利になります。

巡回設定

次に [ 巡回設定 ] の「キーワードを自動取得する」を「する」にします。
この時点でオートブログモードが有効になります。

スケジュール間隔は「スケジュール間隔」で指定します。初期設定では1日1回となっています。
「一度にキーワード検索をする件数」はスケジュールが来た場合に何回検索をするか指定します。
初期設定では1件となっています。つまり、1日に1回キーワード検索して、取得に成功した場合は1件投稿する、という設定です。
これを5件にすると、一度に5件のキーワードを検索して、スケジュールが来るたびに最大5件が投稿されます。

検索キーワードは一度検索して投稿されると使い回しはされないため、「関連キーワードを検索キーワードに追加するか」を「する」にしていない場合は、やがて止まります。手動で追加する場合は、キーワードサジェストツールなどでキーワードを取得して追加して下さい。

▼関連キーワード取得ツール

他にもGoogle広告やYahoo!プロモーション広告にもキーワードサジェストツールがあります。

投稿設定

投稿設定ではキーワード検索され収集したコンテンツを投稿する際の設定を行います。
初期設定では、投稿タイプは「投稿」へ投稿ステータスは「下書き」として投稿されます。
目視で内容をチェックしてから「公開」にしましょう。
目視によるチェックが不要でいきなり公開したい場合は「投稿記事のステータス」を「公開」にします。

強制キーワード検索

最低限、上記の設定を行うとオートブログモードは稼働し続けます。
他にも細かい設定がありますが、とりあえず稼働テストをしましょう。

オートブログリライトのメニューに [ 強制キーワード検索 ] というメニューがあります。手動キーワード検索の1つ下にあります。
クリックして画面を開きましょう。

[ 検索する ] というボタンをクリックするとまだ検索していない検索キーワードをスケジュールにかかわらず取得します。 [ ツール ] → [ Cron Manager ] で取得状況をモニタリングしながら投稿内容に問題がないかを確認します。
問題があるようであれば手動キーワード検索を使ってノイズを取り除きます。

テンプレート設定

投稿されるコンテンツの体裁を独自に整えたい場合は [ テンプレート設定 ] を開きます。
テンプレートは大きく分けてアウターテンプレートとインナーテンプレートに分かれています。
テンプレートは最大3つのバリエーションを保存できます。

アウターテンプレートはほとんどいじることはないと思いますので、インナーテンプレートを編集してみます。
初期設定ではインナーテンプレートは「使用するインナーテンプレート」で「テンプレート1」になっています。

<h1 class='auto-blog-rewrite-title'></h1>
<div class='auto-blog-rewrite-content'>

</div>

というHTMLが記述されています。
HTMLについてはHTMLの参考書を見て頂ければ詳しいと思います。

大事なポイントは「プレースホルダ」です。プレースホルダというのは何かと言うと、置き換わる文字列という意味です。
オートブログリライトには独自の「プレースホルダ」があり、投稿される際に特定のデータへと置き換わります。
上記の例では、「」と「」というブレス括弧に囲まれた文字列が「プレースホルダ」となります。

これは投稿される際に「」は「タイトル」へ、「」は本文へと置き換わります。
まとめると、HTMLを自由に編集した後に適切な位置に「」または「」を埋め込めばいい、ということになります。

オリジナルのCSSを指定する場合は「オリジナルのCSSスタイル」に記述すれば一緒に出力されます。

メール設定

オートブログリライトでは投稿に成功すると、メールで通知する機能があります。
処理されるまでタイムラグがあるため、メールで通知を受け取ると便利です。
しかし、慣れてくると投稿される度にメール通知が届きうるさいと感じることがあるかと思います。
そんな時は [ メール設定 ] を開き、「新着投稿時にメールで通知するか」を「しない」にすると新着メールが届かなくなります。

ショートコード呼び出し

ショートコードはWordPress標準の機能で、複雑なプログラミングなしで様々な処理をさせることができます。

ショートコード呼び出し

ショートコード呼び出しについて説明します。
WordPressを長年使っている方でも実はショートコードをよく知らない、という方は結構います。
ショートコードというのは要するにプログラムを安全に呼び出すための記述です。
オートブログリライトではショートコードの使い方こそが鍵となります。
聞いたことがないという人は以下のページがシンプルで参考になります。

▼WordPressのショートコードとは?

使い所は投稿エディタ内やサイドバーウィジェットで使います。
なぜショートコードを使うかのそもそも論ですが、WordPressというのはPHPというプログラム言語で書かれています。
なので、1文字でも記述間違いがあると、プログラムエラーが起きた画面が真っ白なんてことになりかねません。
非プログラマーの方であれば怖くて使えないことでしょう。

そこである特定の処理を安全に記述して呼び出すために開発されたのがショートコードです。
例えば ワードプレスには「video」というショートコードが最初から備わっています。
以下のように書きます。

こうすると、動画ファイルmp4形式をHTMLで整形して呼び出してくれます。 わざわざ以下のようなHTMLを書かなくてもいいわけです。

<video controls autoplay poster="firstframe.jpg" width="320" height="240">
<source src="video-source.mp4">
<p>動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。</p>
</video>

タグの閉じ忘れによるレイアウトの崩壊といった心配もありません。
もう1つショートコードを使う大きな理由ですが、投稿エディタ内では「PHP」を記述することができないためです。
代替手段として投稿エディタ内でプログラムを呼び出す場合はショートコードを使います。

ショートコードはテーマやプラグインの中で宣言されているものを使用することができます。
逆に言えばテーマやプラグインを変えると使えないショートコードもある、ということを意味します。

パラメータの指定方法

オートブログリライトのショートコードは以下のように記述します。

機能と特長

連絡先ウィジェットで、家族や友だちとホーム画面からいつでもつながっていられます。電話、メッセージ、FaceTime、メール、「探す」機能を使って連絡を取ったり、ファミリー共有を使えば、子どもたちからの買い物やスクリーンタイムのリクエストを承認するなど、様々なことができます。

Appleのダイナミックヘッドトラッキング機能により、AirPods ProとAirPods Maxでのドルビーアトモスによる音楽の体験が一段と迫力あるものになります21。

CRMを、どの目的に対して使用するのかを不明確なまま導入すると、成果を上げることができず、さらに不要な仕事が増えることさえもあり得ます。顧客分析によるマーケティング強化をしたいのか、カスタマーサポートに力を注ぐのか、など、具体的な目的を決定していなければ、CRMを導入しても適切な運用は難しいはずです。さらには、製品選定をする際においても、目的に見合った機能が足りない不適切なものを選択してしまうかもしれません。そのため、失敗に陥らないために、導入目的を明確にすることが非常に重要です。

「ピープル」アルバムの個人識別機能が進化します。

メールプライバシー保護機能は、Eメールの送信者があなたのメールアプリのアクティビティに関する情報を知るのを防ぐことで、あなたのプライバシーを保護します。この機能をオンにすると、あなたのIPアドレスは非公開になります。そのためEメールの送信者は、あなたのIPアドレスとほかのオンライン上の行動を関連付けたり、あなたの位置情報を特定できなくなります。あなたがEメールを開いたかどうか、相手に知られる心配もありません。

CRMのメイン機能ともいえるのが「顧客情報管理」です。一言で「顧客情報」といっても、氏名や電話番号、住所、メールアドレスなど、いわゆる基本情報だけを管理するわけではありません。CRMで管理可能なデータは多岐に渡ります。たとえば、購買履歴、サポートセンターへの問い合わせ履歴やその内容、キャンペーンの応募状況、クーポンの取得歴などが挙げられます。また、このような細かな顧客情報は、取得する場所やツールも複数にまたがる場合が多いです。イベント会場のようなオフラインでのデータ取得もあれば、ECなどWebサイト上を通じて得られる情報もあるでしょう。それぞれ別のシステムが稼働している場合もありますが、CRMの特徴の一つに、複数のシステムと連携し、データを一元的に管理できるという点があります。後述するマーケティング活動やカスタマーサポートでの活用のためには、このように多岐に渡る細かなデータを一元管理し、部門横断的に共有・活用できなくてはいけませんが、まさにその点がCRMの得意とするポイントと言えます。

そこで、今回はCRMの基本機能や導入の目的、選定方法について整理しました。導入検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

一段と高速な5G通信機能により、さらに多くのアプリとシステムの体験が強化されます。これにはiCloudへのバックアップとiCloudバックアップからの復元、Apple製アプリと他社製アプリでのオーディオとビデオのストリーミング、一段と高品質なApple TV+コンテンツのダウンロード、iCloud写真への写真の同期、機械学習モデルのダウンロードへの対応が含まれます16。

コントロールセンターにあるShazamのミュージック認識機能が、あなたが最近見つけた曲を自動で保存します。コントロールを長押しすると、履歴表示が開きます。

限られた広さや間取りを有効活用スリムなサイズながら、快適で使いやすい機能が充実。

すべての写真の中のテキストが完全にインタラクティブになるので、コピー&ペースト、検索、翻訳などの機能が使えます。テキスト認識表示は、写真アプリ、スクリーンショット、クイックルック、Safari、カメラアプリのライブプレビューに対応します。

今回、CRMの基本的な機能や導入前の準備、製品選定における注意点について見てきました。この記事を参考にして頂き、自社にとって最適なCRMがどれなのか、十分な調査と検討をしてみてください。

Apple Musicの曲の提案機能は、エキスパートによるおすすめと、あなたの音楽の好みと写真やビデオに写っているものの情報を組み合わせて、あなただけのために作成されます。「メモリー」内の時間や場所で流行っていた曲、あなたが旅行中に聞いていた曲、コンサートを観に行ったアーティストの曲も提案します。

導入の目的や求める成果によって選定すべきCRM製品も変わります。カスタマーサポート業務の効率化を目指す場合やマーケティング強化に活用する場合など、目的によって必要となるデータ管理や分析機能も異なり、連携すべき外部システムやツールの種類も変わってきます。機能差だけでなく、そのような連携対応しているツールの種類にも注意を払いましょう。とりわけBtoC企業の場合、ビジネス面での目的に応じた機能についても注目すべきです。たとえば、小売業では売り上げ向上を目的にポイント会員に特化したCRMを検討・選定することが重要になるでしょう。また、エンターテイメント系であればファン育成(優良会員化)に特化したCRMを選ぶなど特定の機能に着目することも必要です。

現状の社内の問題点や課題をはっきりと認識していなければ、CRMのどの機能を使用して、問題を解決できるのかがはっきりしません。また、それぞれの部署の課題が明確であったとしても、部署同士のコミュニケーションに問題がある場合もあります。仮に、そこでCRMを導入することになっても、課題や問題点がさらに増えることになりかねません。よって、CRM導入検討へと至った背景や現状の社内の問題点を徹底的に深堀しておくことが重要です。

ABRというのはAuto Blog Rewriteの略称です。
ただし、これだけではショートコードは機能しません。
パラメータという値の指定が必要です。

必ず指定する必要があるパラメータは「keyword」パラメータです。
以下のように指定します。

記述にはルールがあります。
パラメータ同士は半角スペースで区切る。パラメータ名は値は「=(イコール)」で区切る。
値は二重引用符または一重引用符で囲むことです。パラメータの大文字と小文字は区別されます。パラメータの指定順はありません。
また、ショートコードで設定されていないパラメータを指定しても無視されます。
例えば、

機能と特長

連絡先ウィジェットで、家族や友だちとホーム画面からいつでもつながっていられます。電話、メッセージ、FaceTime、メール、「探す」機能を使って連絡を取ったり、ファミリー共有を使えば、子どもたちからの買い物やスクリーンタイムのリクエストを承認するなど、様々なことができます。

Appleのダイナミックヘッドトラッキング機能により、AirPods ProとAirPods Maxでのドルビーアトモスによる音楽の体験が一段と迫力あるものになります21。

CRMを、どの目的に対して使用するのかを不明確なまま導入すると、成果を上げることができず、さらに不要な仕事が増えることさえもあり得ます。顧客分析によるマーケティング強化をしたいのか、カスタマーサポートに力を注ぐのか、など、具体的な目的を決定していなければ、CRMを導入しても適切な運用は難しいはずです。さらには、製品選定をする際においても、目的に見合った機能が足りない不適切なものを選択してしまうかもしれません。そのため、失敗に陥らないために、導入目的を明確にすることが非常に重要です。

「ピープル」アルバムの個人識別機能が進化します。

メールプライバシー保護機能は、Eメールの送信者があなたのメールアプリのアクティビティに関する情報を知るのを防ぐことで、あなたのプライバシーを保護します。この機能をオンにすると、あなたのIPアドレスは非公開になります。そのためEメールの送信者は、あなたのIPアドレスとほかのオンライン上の行動を関連付けたり、あなたの位置情報を特定できなくなります。あなたがEメールを開いたかどうか、相手に知られる心配もありません。

CRMのメイン機能ともいえるのが「顧客情報管理」です。一言で「顧客情報」といっても、氏名や電話番号、住所、メールアドレスなど、いわゆる基本情報だけを管理するわけではありません。CRMで管理可能なデータは多岐に渡ります。たとえば、購買履歴、サポートセンターへの問い合わせ履歴やその内容、キャンペーンの応募状況、クーポンの取得歴などが挙げられます。また、このような細かな顧客情報は、取得する場所やツールも複数にまたがる場合が多いです。イベント会場のようなオフラインでのデータ取得もあれば、ECなどWebサイト上を通じて得られる情報もあるでしょう。それぞれ別のシステムが稼働している場合もありますが、CRMの特徴の一つに、複数のシステムと連携し、データを一元的に管理できるという点があります。後述するマーケティング活動やカスタマーサポートでの活用のためには、このように多岐に渡る細かなデータを一元管理し、部門横断的に共有・活用できなくてはいけませんが、まさにその点がCRMの得意とするポイントと言えます。

そこで、今回はCRMの基本機能や導入の目的、選定方法について整理しました。導入検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

一段と高速な5G通信機能により、さらに多くのアプリとシステムの体験が強化されます。これにはiCloudへのバックアップとiCloudバックアップからの復元、Apple製アプリと他社製アプリでのオーディオとビデオのストリーミング、一段と高品質なApple TV+コンテンツのダウンロード、iCloud写真への写真の同期、機械学習モデルのダウンロードへの対応が含まれます16。

コントロールセンターにあるShazamのミュージック認識機能が、あなたが最近見つけた曲を自動で保存します。コントロールを長押しすると、履歴表示が開きます。

限られた広さや間取りを有効活用スリムなサイズながら、快適で使いやすい機能が充実。

すべての写真の中のテキストが完全にインタラクティブになるので、コピー&ペースト、検索、翻訳などの機能が使えます。テキスト認識表示は、写真アプリ、スクリーンショット、クイックルック、Safari、カメラアプリのライブプレビューに対応します。

今回、CRMの基本的な機能や導入前の準備、製品選定における注意点について見てきました。この記事を参考にして頂き、自社にとって最適なCRMがどれなのか、十分な調査と検討をしてみてください。

Apple Musicの曲の提案機能は、エキスパートによるおすすめと、あなたの音楽の好みと写真やビデオに写っているものの情報を組み合わせて、あなただけのために作成されます。「メモリー」内の時間や場所で流行っていた曲、あなたが旅行中に聞いていた曲、コンサートを観に行ったアーティストの曲も提案します。

導入の目的や求める成果によって選定すべきCRM製品も変わります。カスタマーサポート業務の効率化を目指す場合やマーケティング強化に活用する場合など、目的によって必要となるデータ管理や分析機能も異なり、連携すべき外部システムやツールの種類も変わってきます。機能差だけでなく、そのような連携対応しているツールの種類にも注意を払いましょう。とりわけBtoC企業の場合、ビジネス面での目的に応じた機能についても注目すべきです。たとえば、小売業では売り上げ向上を目的にポイント会員に特化したCRMを検討・選定することが重要になるでしょう。また、エンターテイメント系であればファン育成(優良会員化)に特化したCRMを選ぶなど特定の機能に着目することも必要です。

現状の社内の問題点や課題をはっきりと認識していなければ、CRMのどの機能を使用して、問題を解決できるのかがはっきりしません。また、それぞれの部署の課題が明確であったとしても、部署同士のコミュニケーションに問題がある場合もあります。仮に、そこでCRMを導入することになっても、課題や問題点がさらに増えることになりかねません。よって、CRM導入検討へと至った背景や現状の社内の問題点を徹底的に深堀しておくことが重要です。

というパラメータ指定は存在しないので指定しても無視されます。
複数のパラメータがある場合は以下のようにします。

ルールは単純ですね。
お気づきの方もいらっしゃいますが、これは手動キーワード検索と同じです。
指定方法は違いますが、パラメータをオプションと置き換えて考えると分かりやすいです。
どちらも一行にするということが共通しています。

指定できるパラメータの種類

ショートコードで指定できるパラメータの種類は以下のとおりです。 手動キーワード検索と共通していますね。

パラメータ 意 味
keyword 検索キーワード(必須)
random_title タイトル(1またはtrueでタイトルをランダムに選択)
post_id 投稿ID(指定した投稿IDに投稿)
post_flag 既に取得済みキーワードでも投稿を更新するか(1:する 0:しない)
random_pos 集めたコンテンツからランダムにピックアップするか(1:する 0:しない)
paragraph_max センテンスを保存する件数(未指定時:15)
show_paragraph_max 集めたコンテンツからピックアップするセンテンス数(未指定時はparagraph_maxの値で代用)
sentence_min ピックアップするセンテンスの最低文字数(未指定時:40)
content_char_min 投稿する本文の最低文字数(未指定時:40)
new_post_flag 既に取得済みキーワードでも新規に投稿をするか(1:する 0:しない)
page_max 検索エンジンで取得する最大件数(未指定時:30)

あまり使いませんが、ショートコードだけのパラメータもあります。

パラメータ 意 味
outer_template 使用するアウターテンプレート(テンプレート1~3を指定)
inner_template 使用するインナーテンプレート(テンプレート1~3を指定)
use_title タイトルキーワードが指定されていないか取得できない場合に投稿タイトルをキーワードとして使用するか(1:する 0:しない)
cache_flag 再検索キャッシュを有効にするか(1:する 0:しない)
mode [ 巡回設定 ] の「一度にキーワード検索をする件数」を有効にするか(1:する 0:しない 初期値は5件のキーワードまで一度に検索)
is_single シングルページのみでショートコードを実行するか(1:する 0:しない)
del_words キーワードに含まれた単語を除外(複数はカンマ区切り)
hidden_flag 取得したコンテンツを非表示にするか(1:する 0:しない)
取得だけしてコンテンツを表示したくない場合に使用します
time_free 取得時間でなくても常に取得するか(1:する 0:しない)

省略した場合は初期設定となります。

他のプラグインとの連携方法

最後に他のプラグインと連携する方法を紹介します。
例として、私の開発している姉妹品のプラグインの「WP Rss Scrapeing Post」で説明します。

WP Rss Scrapeing PostはRSSフィードを取得して投稿するプラグインです。
RSSフィードの内容だけを投稿すると、本家と同じに内容になってしまうため、オートブログリライトで関連コンテンツを追加して差別化してみます。

「WP Rss Scrapeing Post」の [ 設定 ] → [ テンプレート設定 ] を開きます。
「テンプレート1」を使用していると仮定します。

「テンプレート1」の中は初期設定で以下のようになっています。

<div class="wp_rss_scrapeing_post-title"></div>
<div class="wp_rss_scrapeing_post">
<div class="wp_rss_scrapeing_post-content">

</div>

<div class="wp_rss_scrapeing_post-quote">
[紹介元] <a href='' target='_blank' rel='nofollow'></a>
</div>
</div>

ここにオートブログリライトのショートコードを埋め込んでおくと、投稿と同時にオートブログリライトが関連記事を収集します。
以下のようにします。

<div class="wp_rss_scrapeing_post-title"></div>
<div class="wp_rss_scrapeing_post">
<div class="wp_rss_scrapeing_post-content">

</div>

<div class="wp_rss_scrapeing_post-quote">
[紹介元] <a href='' target='_blank' rel='nofollow'></a>
</div>
</div>

機能と特長

連絡先ウィジェットで、家族や友だちとホーム画面からいつでもつながっていられます。電話、メッセージ、FaceTime、メール、「探す」機能を使って連絡を取ったり、ファミリー共有を使えば、子どもたちからの買い物やスクリーンタイムのリクエストを承認するなど、様々なことができます。

Appleのダイナミックヘッドトラッキング機能により、AirPods ProとAirPods Maxでのドルビーアトモスによる音楽の体験が一段と迫力あるものになります21。

CRMを、どの目的に対して使用するのかを不明確なまま導入すると、成果を上げることができず、さらに不要な仕事が増えることさえもあり得ます。顧客分析によるマーケティング強化をしたいのか、カスタマーサポートに力を注ぐのか、など、具体的な目的を決定していなければ、CRMを導入しても適切な運用は難しいはずです。さらには、製品選定をする際においても、目的に見合った機能が足りない不適切なものを選択してしまうかもしれません。そのため、失敗に陥らないために、導入目的を明確にすることが非常に重要です。

「ピープル」アルバムの個人識別機能が進化します。

メールプライバシー保護機能は、Eメールの送信者があなたのメールアプリのアクティビティに関する情報を知るのを防ぐことで、あなたのプライバシーを保護します。この機能をオンにすると、あなたのIPアドレスは非公開になります。そのためEメールの送信者は、あなたのIPアドレスとほかのオンライン上の行動を関連付けたり、あなたの位置情報を特定できなくなります。あなたがEメールを開いたかどうか、相手に知られる心配もありません。

CRMのメイン機能ともいえるのが「顧客情報管理」です。一言で「顧客情報」といっても、氏名や電話番号、住所、メールアドレスなど、いわゆる基本情報だけを管理するわけではありません。CRMで管理可能なデータは多岐に渡ります。たとえば、購買履歴、サポートセンターへの問い合わせ履歴やその内容、キャンペーンの応募状況、クーポンの取得歴などが挙げられます。また、このような細かな顧客情報は、取得する場所やツールも複数にまたがる場合が多いです。イベント会場のようなオフラインでのデータ取得もあれば、ECなどWebサイト上を通じて得られる情報もあるでしょう。それぞれ別のシステムが稼働している場合もありますが、CRMの特徴の一つに、複数のシステムと連携し、データを一元的に管理できるという点があります。後述するマーケティング活動やカスタマーサポートでの活用のためには、このように多岐に渡る細かなデータを一元管理し、部門横断的に共有・活用できなくてはいけませんが、まさにその点がCRMの得意とするポイントと言えます。

そこで、今回はCRMの基本機能や導入の目的、選定方法について整理しました。導入検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

一段と高速な5G通信機能により、さらに多くのアプリとシステムの体験が強化されます。これにはiCloudへのバックアップとiCloudバックアップからの復元、Apple製アプリと他社製アプリでのオーディオとビデオのストリーミング、一段と高品質なApple TV+コンテンツのダウンロード、iCloud写真への写真の同期、機械学習モデルのダウンロードへの対応が含まれます16。

コントロールセンターにあるShazamのミュージック認識機能が、あなたが最近見つけた曲を自動で保存します。コントロールを長押しすると、履歴表示が開きます。

限られた広さや間取りを有効活用スリムなサイズながら、快適で使いやすい機能が充実。

すべての写真の中のテキストが完全にインタラクティブになるので、コピー&ペースト、検索、翻訳などの機能が使えます。テキスト認識表示は、写真アプリ、スクリーンショット、クイックルック、Safari、カメラアプリのライブプレビューに対応します。

今回、CRMの基本的な機能や導入前の準備、製品選定における注意点について見てきました。この記事を参考にして頂き、自社にとって最適なCRMがどれなのか、十分な調査と検討をしてみてください。

Apple Musicの曲の提案機能は、エキスパートによるおすすめと、あなたの音楽の好みと写真やビデオに写っているものの情報を組み合わせて、あなただけのために作成されます。「メモリー」内の時間や場所で流行っていた曲、あなたが旅行中に聞いていた曲、コンサートを観に行ったアーティストの曲も提案します。

導入の目的や求める成果によって選定すべきCRM製品も変わります。カスタマーサポート業務の効率化を目指す場合やマーケティング強化に活用する場合など、目的によって必要となるデータ管理や分析機能も異なり、連携すべき外部システムやツールの種類も変わってきます。機能差だけでなく、そのような連携対応しているツールの種類にも注意を払いましょう。とりわけBtoC企業の場合、ビジネス面での目的に応じた機能についても注目すべきです。たとえば、小売業では売り上げ向上を目的にポイント会員に特化したCRMを検討・選定することが重要になるでしょう。また、エンターテイメント系であればファン育成(優良会員化)に特化したCRMを選ぶなど特定の機能に着目することも必要です。

現状の社内の問題点や課題をはっきりと認識していなければ、CRMのどの機能を使用して、問題を解決できるのかがはっきりしません。また、それぞれの部署の課題が明確であったとしても、部署同士のコミュニケーションに問題がある場合もあります。仮に、そこでCRMを導入することになっても、課題や問題点がさらに増えることになりかねません。よって、CRM導入検討へと至った背景や現状の社内の問題点を徹底的に深堀しておくことが重要です。


違いは分かるでしょうか?
最後に「

機能と特長

連絡先ウィジェットで、家族や友だちとホーム画面からいつでもつながっていられます。電話、メッセージ、FaceTime、メール、「探す」機能を使って連絡を取ったり、ファミリー共有を使えば、子どもたちからの買い物やスクリーンタイムのリクエストを承認するなど、様々なことができます。

Appleのダイナミックヘッドトラッキング機能により、AirPods ProとAirPods Maxでのドルビーアトモスによる音楽の体験が一段と迫力あるものになります21。

CRMを、どの目的に対して使用するのかを不明確なまま導入すると、成果を上げることができず、さらに不要な仕事が増えることさえもあり得ます。顧客分析によるマーケティング強化をしたいのか、カスタマーサポートに力を注ぐのか、など、具体的な目的を決定していなければ、CRMを導入しても適切な運用は難しいはずです。さらには、製品選定をする際においても、目的に見合った機能が足りない不適切なものを選択してしまうかもしれません。そのため、失敗に陥らないために、導入目的を明確にすることが非常に重要です。

「ピープル」アルバムの個人識別機能が進化します。

メールプライバシー保護機能は、Eメールの送信者があなたのメールアプリのアクティビティに関する情報を知るのを防ぐことで、あなたのプライバシーを保護します。この機能をオンにすると、あなたのIPアドレスは非公開になります。そのためEメールの送信者は、あなたのIPアドレスとほかのオンライン上の行動を関連付けたり、あなたの位置情報を特定できなくなります。あなたがEメールを開いたかどうか、相手に知られる心配もありません。

CRMのメイン機能ともいえるのが「顧客情報管理」です。一言で「顧客情報」といっても、氏名や電話番号、住所、メールアドレスなど、いわゆる基本情報だけを管理するわけではありません。CRMで管理可能なデータは多岐に渡ります。たとえば、購買履歴、サポートセンターへの問い合わせ履歴やその内容、キャンペーンの応募状況、クーポンの取得歴などが挙げられます。また、このような細かな顧客情報は、取得する場所やツールも複数にまたがる場合が多いです。イベント会場のようなオフラインでのデータ取得もあれば、ECなどWebサイト上を通じて得られる情報もあるでしょう。それぞれ別のシステムが稼働している場合もありますが、CRMの特徴の一つに、複数のシステムと連携し、データを一元的に管理できるという点があります。後述するマーケティング活動やカスタマーサポートでの活用のためには、このように多岐に渡る細かなデータを一元管理し、部門横断的に共有・活用できなくてはいけませんが、まさにその点がCRMの得意とするポイントと言えます。

そこで、今回はCRMの基本機能や導入の目的、選定方法について整理しました。導入検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

一段と高速な5G通信機能により、さらに多くのアプリとシステムの体験が強化されます。これにはiCloudへのバックアップとiCloudバックアップからの復元、Apple製アプリと他社製アプリでのオーディオとビデオのストリーミング、一段と高品質なApple TV+コンテンツのダウンロード、iCloud写真への写真の同期、機械学習モデルのダウンロードへの対応が含まれます16。

コントロールセンターにあるShazamのミュージック認識機能が、あなたが最近見つけた曲を自動で保存します。コントロールを長押しすると、履歴表示が開きます。

限られた広さや間取りを有効活用スリムなサイズながら、快適で使いやすい機能が充実。

すべての写真の中のテキストが完全にインタラクティブになるので、コピー&ペースト、検索、翻訳などの機能が使えます。テキスト認識表示は、写真アプリ、スクリーンショット、クイックルック、Safari、カメラアプリのライブプレビューに対応します。

今回、CRMの基本的な機能や導入前の準備、製品選定における注意点について見てきました。この記事を参考にして頂き、自社にとって最適なCRMがどれなのか、十分な調査と検討をしてみてください。

Apple Musicの曲の提案機能は、エキスパートによるおすすめと、あなたの音楽の好みと写真やビデオに写っているものの情報を組み合わせて、あなただけのために作成されます。「メモリー」内の時間や場所で流行っていた曲、あなたが旅行中に聞いていた曲、コンサートを観に行ったアーティストの曲も提案します。

導入の目的や求める成果によって選定すべきCRM製品も変わります。カスタマーサポート業務の効率化を目指す場合やマーケティング強化に活用する場合など、目的によって必要となるデータ管理や分析機能も異なり、連携すべき外部システムやツールの種類も変わってきます。機能差だけでなく、そのような連携対応しているツールの種類にも注意を払いましょう。とりわけBtoC企業の場合、ビジネス面での目的に応じた機能についても注目すべきです。たとえば、小売業では売り上げ向上を目的にポイント会員に特化したCRMを検討・選定することが重要になるでしょう。また、エンターテイメント系であればファン育成(優良会員化)に特化したCRMを選ぶなど特定の機能に着目することも必要です。

現状の社内の問題点や課題をはっきりと認識していなければ、CRMのどの機能を使用して、問題を解決できるのかがはっきりしません。また、それぞれの部署の課題が明確であったとしても、部署同士のコミュニケーションに問題がある場合もあります。仮に、そこでCRMを導入することになっても、課題や問題点がさらに増えることになりかねません。よって、CRM導入検討へと至った背景や現状の社内の問題点を徹底的に深堀しておくことが重要です。

」という行を追加しています。
「」というのはWP Rss Scrapeing Postで取得したRSSの記事タイトルに置き換えされるので、そのタイトルを使って検索するわけです。
さらに以下のようにしてしまうと

機能と特長

連絡先ウィジェットで、家族や友だちとホーム画面からいつでもつながっていられます。電話、メッセージ、FaceTime、メール、「探す」機能を使って連絡を取ったり、ファミリー共有を使えば、子どもたちからの買い物やスクリーンタイムのリクエストを承認するなど、様々なことができます。

Appleのダイナミックヘッドトラッキング機能により、AirPods ProとAirPods Maxでのドルビーアトモスによる音楽の体験が一段と迫力あるものになります21。

CRMを、どの目的に対して使用するのかを不明確なまま導入すると、成果を上げることができず、さらに不要な仕事が増えることさえもあり得ます。顧客分析によるマーケティング強化をしたいのか、カスタマーサポートに力を注ぐのか、など、具体的な目的を決定していなければ、CRMを導入しても適切な運用は難しいはずです。さらには、製品選定をする際においても、目的に見合った機能が足りない不適切なものを選択してしまうかもしれません。そのため、失敗に陥らないために、導入目的を明確にすることが非常に重要です。

「ピープル」アルバムの個人識別機能が進化します。

メールプライバシー保護機能は、Eメールの送信者があなたのメールアプリのアクティビティに関する情報を知るのを防ぐことで、あなたのプライバシーを保護します。この機能をオンにすると、あなたのIPアドレスは非公開になります。そのためEメールの送信者は、あなたのIPアドレスとほかのオンライン上の行動を関連付けたり、あなたの位置情報を特定できなくなります。あなたがEメールを開いたかどうか、相手に知られる心配もありません。

CRMのメイン機能ともいえるのが「顧客情報管理」です。一言で「顧客情報」といっても、氏名や電話番号、住所、メールアドレスなど、いわゆる基本情報だけを管理するわけではありません。CRMで管理可能なデータは多岐に渡ります。たとえば、購買履歴、サポートセンターへの問い合わせ履歴やその内容、キャンペーンの応募状況、クーポンの取得歴などが挙げられます。また、このような細かな顧客情報は、取得する場所やツールも複数にまたがる場合が多いです。イベント会場のようなオフラインでのデータ取得もあれば、ECなどWebサイト上を通じて得られる情報もあるでしょう。それぞれ別のシステムが稼働している場合もありますが、CRMの特徴の一つに、複数のシステムと連携し、データを一元的に管理できるという点があります。後述するマーケティング活動やカスタマーサポートでの活用のためには、このように多岐に渡る細かなデータを一元管理し、部門横断的に共有・活用できなくてはいけませんが、まさにその点がCRMの得意とするポイントと言えます。

そこで、今回はCRMの基本機能や導入の目的、選定方法について整理しました。導入検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

一段と高速な5G通信機能により、さらに多くのアプリとシステムの体験が強化されます。これにはiCloudへのバックアップとiCloudバックアップからの復元、Apple製アプリと他社製アプリでのオーディオとビデオのストリーミング、一段と高品質なApple TV+コンテンツのダウンロード、iCloud写真への写真の同期、機械学習モデルのダウンロードへの対応が含まれます16。

コントロールセンターにあるShazamのミュージック認識機能が、あなたが最近見つけた曲を自動で保存します。コントロールを長押しすると、履歴表示が開きます。

限られた広さや間取りを有効活用スリムなサイズながら、快適で使いやすい機能が充実。

すべての写真の中のテキストが完全にインタラクティブになるので、コピー&ペースト、検索、翻訳などの機能が使えます。テキスト認識表示は、写真アプリ、スクリーンショット、クイックルック、Safari、カメラアプリのライブプレビューに対応します。

今回、CRMの基本的な機能や導入前の準備、製品選定における注意点について見てきました。この記事を参考にして頂き、自社にとって最適なCRMがどれなのか、十分な調査と検討をしてみてください。

Apple Musicの曲の提案機能は、エキスパートによるおすすめと、あなたの音楽の好みと写真やビデオに写っているものの情報を組み合わせて、あなただけのために作成されます。「メモリー」内の時間や場所で流行っていた曲、あなたが旅行中に聞いていた曲、コンサートを観に行ったアーティストの曲も提案します。

導入の目的や求める成果によって選定すべきCRM製品も変わります。カスタマーサポート業務の効率化を目指す場合やマーケティング強化に活用する場合など、目的によって必要となるデータ管理や分析機能も異なり、連携すべき外部システムやツールの種類も変わってきます。機能差だけでなく、そのような連携対応しているツールの種類にも注意を払いましょう。とりわけBtoC企業の場合、ビジネス面での目的に応じた機能についても注目すべきです。たとえば、小売業では売り上げ向上を目的にポイント会員に特化したCRMを検討・選定することが重要になるでしょう。また、エンターテイメント系であればファン育成(優良会員化)に特化したCRMを選ぶなど特定の機能に着目することも必要です。

現状の社内の問題点や課題をはっきりと認識していなければ、CRMのどの機能を使用して、問題を解決できるのかがはっきりしません。また、それぞれの部署の課題が明確であったとしても、部署同士のコミュニケーションに問題がある場合もあります。仮に、そこでCRMを導入することになっても、課題や問題点がさらに増えることになりかねません。よって、CRM導入検討へと至った背景や現状の社内の問題点を徹底的に深堀しておくことが重要です。

WP Rss Scrapeing Postで取得したRSSのタイトルだけを使ってオートブログリライトでコンテンツを収集することもできます。
RSS本家の本文を使わずにタイトルだけを利用するわけですね。こうすれば人間がちゃんと考えたキーワードを使って、本家とまったく異なるコンテンツを収集できます。

複数のショートコードを使う

オートブログリライトでは1つの記事に複数のショートコードを含めることができます。
1つのショートコードで足りない場合は、複数のショートコードを使って分割して処理した方が良いこともあります。

Auto Blog Rewriteを設定する
検索設定

投稿設定

上級投稿設定

テンプレート設定

メール設定

巡回設定

ショートコード設定

ウィジェット設定

環境設定