08.インデックスのその先へ……

08.インデックスのその先へ……


まず最初にやることはインデックスさせることだって分かったんですけど、その先はどうすればいいんでしょうか?
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
インデックスされるようになると、どの程度インデックスされているかでアクセス数も分かるようになります。 例えばですが、1000ページインデックスされていればPV100という相関関係が分かれば、PVを1000にするにはインデックス数も1万にしよう、という目標が見えてきます。
ふむふむ。
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
ところがやってみると落とし穴があることに気が付きます。最初はインデックスされるんですけど、途中から鈍化していくんですね。コンテンツを作っても中々インデックスされない、あるいは消されるという現象が起きます。右肩上がりにインデックスが1000から10000には行かないんです。特別にこの壁の乗り越え方を教えます。
あっはい、ありがとうございます。
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
イメージとしては森林の間伐に似ています。人工の森は間伐をしないと木々が育たないと言われています。理由は木々が成長すると樹冠から差し込む太陽光が相対的に少なくなるためです。 ですから、適度に間隔を空けるために木を間引いて、枝打ちするといった手間を掛ける必要があるんです。自然は自然にすれば自然に育つわけではないんですね。
なるほどー分かりやすいです。
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
これをコンテンツマーケティングに適用すると、 とりあえずコンテンツを作ってみる=種を蒔く アクセス数の少ないコンテンツは下げる=間伐する アクセス数が期待できるコンテンツは育てる=手間をかける ということになります。
分かりました! インデックスを増やすということは、人気記事と不人気記事を仕分けするといこうとですね。
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
そういうことです。 そのためにオートブログリライトで種蒔きをして、姉妹ツールで恐縮ですけどデリートプレスで不人気記事を仕分けするといったチンニング(間伐)が必要なんです。これをやらないとインデックスの渋滞が起きて中々思ったように増えて行かないんですよ。
すごーい! タメになります。この知識はオートブログリライトを使う上で重要になりそうですね。
ランファ
ランファ